コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芭蕉紙

1件 の用語解説(芭蕉紙の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

芭蕉紙

沖縄県の沖縄本島、久米島、宮古島、多良間島石垣島などで生産される和紙。原料は糸芭蕉。首里王府時代には重要産業のひとつだったが、明治時代に途絶。その後人間国宝の和紙作家、安部栄四郎が再興し現在に至る。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の芭蕉紙の言及

【琉球紙】より

…その技法を学んで,石垣島,西表(いりおもて)島の租納(そない)や古見(こみ),宮古島とその属島の多良間島や久米島などと各地に製紙所が設けられた。杉原紙や百田紙などの楮紙(こうぞがみ)の原料の栽培も奨励されたが,それでは足りず,1717年(享保2)には芭蕉紙(ばしようがみ)が開発された。芭蕉紙の原料は,バショウの芭蕉布に使用しないバサケーと呼ぶ部分なので,芭蕉紙と芭蕉布は同じ原料を使用しながら共存共栄することができた。…

※「芭蕉紙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

芭蕉紙の関連キーワード多良間空港水納港沖縄県島尻郡久米島町奥武沖縄県島尻郡久米島町大田沖縄県島尻郡久米島町嘉手苅沖縄県宮古郡多良間村塩川沖縄県宮古郡多良間村沖縄県宮古郡多良間村仲筋沖縄県宮古郡沖縄県宮古郡多良間村水納

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

芭蕉紙の関連情報