コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花みょうが

デジタル大辞泉プラスの解説

花みょうが

奈良県五條市、吉野郡など、吉野川流域で主に生産される大ぶりのミョウガ。風味と食感に優れる。奈良県により「大和野菜」に選定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

花みょうが[葉茎菜類]
はなみょうが

近畿地方、奈良県の地域ブランド。
五條市・吉野郡下市町ほか吉野川流域などで生産されている。鮮やかな光沢をもつ大きめのみょうがで、全体はふっくらとして、ほのかなピンク色。秋に収穫し、夏に収穫するものに比べて風味豊かでかたい。漬物・薬味のほか、生産地では卵とじや炊き込みご飯などに使われる。『大和国町村誌集』に「明治六年、五條市大深のみょうが八十貫、明治十五年、五條樫辻で六十貫」という記述が残されている。大和野菜。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

花みょうがの関連キーワード奈良県五條市近畿地方

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android