コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五條市(読み)ごじょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五條〔市〕
ごじょう

奈良県南西部,吉野山地の北西部にある市。吉野川が北部を西流し,沿岸に河岸段丘が発達。南部を十津川が南流し,北西で大阪府,西で和歌山県に接する。 1957年2町6村が合体して市制。 2005年西吉野村,大塔村の2村を編入。慶長年間 (1596~1615) に松倉氏が居城したが,まもなく江戸幕府の直轄地となった。古くは吉野川の河港,大和から熊野,和歌山,伊勢に通じる交通の要地,宿場町として栄えた。吉野山地で産する木材の集散地で,1970年に木材工業団地が完成。割箸,下駄などの木工業のほかカキ (柿) ,ナシなどの果樹栽培も行なわれる。吉野川のアユ釣りは有名。天誅組 (→大和五条の変 ) の遺跡がある桜井寺,国宝の八角堂,梵鐘および国指定重要文化財の七重塔を有する栄山寺があり,御霊神社,春日神社本殿,栗山家住宅,西田家住宅,堀家住宅はいずれも国の重要文化財に指定。国指定史跡の宇智川磨崖碑,栄山寺行宮跡,藤原武智麿墓があり,「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産の文化遺産に登録されている大峯奥駈道 (国指定史跡) が南部に通じる。二見の大ムク,大塔のオオヤマレンゲ (大山蓮花) 自生地は国指定天然記念物。「陀々堂の鬼はしり」は国の重要無形民俗文化財に指定。市域の一部は吉野熊野国立公園金剛生駒紀泉国定公園吉野川津風呂県立自然公園に属する。 JR和歌山線,国道 24号線,168号線,310号線,370号線が通る。面積 292.02km2。人口 3万997(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

五條市の関連情報