花山院常雅(読み)かざんいん つねまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

花山院常雅 かざんいん-つねまさ

1700-1771 江戸時代中期の公卿(くぎょう)。
元禄(げんろく)13年2月3日生まれ。花山院持実の子。権(ごんの)大納言などをへて享保(きょうほう)21年内大臣となり,延享4年従一位,寛延2年(1749)右大臣にすすんだ。明和8年2月11日死去。72歳。日記に「花山院常雅記」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android