花山院愛徳(読み)かざんいん よしのり

美術人名辞典の解説

花山院愛徳

江戸後期の公卿。中山栄親の次男、花山院長熙の養子。号は通斎・大拙。権中納言・内大臣を経て、従一位右大臣に至る。詩歌・書を能くした。文政12年(1829)、75才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

花山院愛徳 かざんいん-よしのり

1755-1829 江戸時代中期-後期の公卿(くぎょう)。
宝暦5年3月3日生まれ。中山栄親の子。花山院長煕の養子。権(ごんの)大納言をへて文化11年内大臣となり,翌年従一位,文政3年(1820)右大臣にすすんだ。文政12年3月16日死去。75歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android