コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花粉管 かふんかんpollen tube

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

花粉管
かふんかん
pollen tube

めしべの柱頭に到達した花粉の内膜が伸長して生じる管。柱頭の組織内に侵入し,めしべ内の胚珠に達する。その間,花粉核に由来した1核である生殖核がさらに分裂して,胚珠内に入り,受精に関与する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

かふんかん【花粉管】

花粉が発芽して作る管状の構造。柱頭から胚囊はいのうに至り、精核が卵細胞や極核に移動するための通路となる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

花粉管
かふんかん

花粉が発芽してつくる管状の構造物をいう。花粉が水分を吸収して膨潤し、原形質流動が始まると、やがて発芽孔より花粉の内壁が伸び出してきて花粉管となり、この中に核や原形質も移動する。花粉管の先端は透明で、RNA(リボ核酸)や多糖類が多く、その部分で新しい壁をつくりながら伸長する。伸長するに従って液胞が発達し、「カロースの栓」ができる。これによって花粉管は、古い部分と、原形質流動を行う先端部分とに分けられる。花粉管は、普通1個の花粉から1本出るが枝分れすることも少なくない。[田村道夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

花粉管の関連キーワード重複受精(ちょうふくじゅせい)ホーフマイスターソテツ(蘇鉄)コルダイテスミクロキカス自家不和合性交配不親和性平瀬作五郎重複受精不和合性有胚植物種無果実被子植物人工受粉アミーチ球果植物世代交代ソテツ閉鎖花配偶子