花粉管(読み)かふんかん(英語表記)pollen tube

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

花粉管
かふんかん
pollen tube

めしべの柱頭に到達した花粉の内膜が伸長して生じる管。柱頭の組織内に侵入し,めしべ内の胚珠に達する。その間,花粉核に由来した1核である生殖核がさらに分裂して,胚珠内に入り,受精に関与する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

かふんかん【花粉管】

花粉が発芽して作る管状の構造。柱頭から胚囊はいのうに至り、精核が卵細胞や極核に移動するための通路となる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

花粉管
かふんかん

花粉が発芽してつくる管状の構造物をいう。花粉が水分を吸収して膨潤し、原形質流動が始まると、やがて発芽孔より花粉の内壁が伸び出してきて花粉管となり、この中に核や原形質も移動する。花粉管の先端は透明で、RNA(リボ核酸)や多糖類が多く、その部分で新しい壁をつくりながら伸長する。伸長するに従って液胞が発達し、「カロースの栓」ができる。これによって花粉管は、古い部分と、原形質流動を行う先端部分とに分けられる。花粉管は、普通1個の花粉から1本出るが枝分れすることも少なくない。[田村道夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かふん‐かん クヮフンクヮン【花粉管】

〘名〙 種子植物の花粉の発芽口から出て、めしべの柱頭から花柱を経て、胚珠(はいしゅ)に至る管状の原形質で、花粉管核と精核の通路となるもの。〔生物学語彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

花粉管の関連情報