コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花桜 ハナザクラ

デジタル大辞泉の解説

はな‐ざくら【花桜】

襲(かさね)の色目の名。表は白、裏は青または紅。
桜の花。桜花。
「うつせみの世にも似たるか―咲くと見し間にかつ散りにけり」〈古今・春下〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はなざくら【花桜】

かさねの色目の名。表は白、裏は青。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

花桜の関連キーワード杵屋弥十郎(5代)堤中納言物語脱ぎ掛ける長閑やかやまと桜思い遣りめでたい小さやかサクラ調べる両性花古びる子めく離弁花桜花薄桜山人兼載色目

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

花桜の関連情報