コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花籠/華筥 ケコ

デジタル大辞泉の解説

け‐こ【籠/華×筥】

法要のとき、散華(さんげ)に用いる花を盛る器。竹を編んで作ったもののほか、透かし彫りを施した金属製のものなどがある。はなざら。はなかご。

はな‐かご【花籠】

草花を摘み入れたり、切り花などを盛ったりする籠。はなこ。花筐(はながたみ)。
散華(さんげ)を入れる。けこ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

花籠/華筥の関連キーワードコリヤナギ(行李柳)花筐・花形見・花筺若乃花幹士(初代)カイロウドウケツなにわ竹工芸品大ノ海 久光玉錦三右衛門三田鈴鹿竹器荒岩亀之助飯塚琅玕斎あけび細工若杉五十八荒勢 永英南総竹細工大ノ海久光印旛竹細工五所平之助徳大寺 伸花籠・花篭若乃花幹士

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android