花籠(読み)ケコ

デジタル大辞泉「花籠」の解説

け‐こ【籠/華×筥】

法要のとき、散華(さんげ)に用いる花を盛る器。を編んで作ったもののほか、透かし彫りを施した金属製のものなどがある。はなざら。はなかご。

はな‐かご【花籠】

草花を摘み入れたり、切り花などを盛ったりする籠。はなこ。花筐(はながたみ)。
散華(さんげ)を入れる。けこ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「花籠」の解説

はな‐こ【花籠】

〘名〙 花を入れる籠。はなかご。
※栄花(1028‐92頃)玉のうてな「はなこに花のあれば例のあま君のかと仰せられて散らさせ給ふ」

はな‐ごめ【花籠】

〘名〙 花もろとも。
※万葉(8C後)一七・三九九八「わが屋戸の花橘を波奈其米(ハナゴメ)に珠にそあが貫く待たば苦しみ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android