コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花袋 かたい

大辞林 第三版の解説

かたい【花袋】

田山たやま花袋

はなぶくろ【花袋】

花形に仕立てた匂い袋。江戸時代に用いられた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の花袋の言及

【匂袋】より

…袋物としても燧袋(ひうちぶくろ)とともに長い歴史を持ち,正倉院御物に小香袋が7口現存している。江戸時代になると,匂袋は一般化し,浮世袋,花袋,誰袖(たがそで)などの名で親しまれ,蚊帳に掛けたり,花街ではのれんにつける習いがあったが,しだいに懐中して使う形に変化した。香料はおもに丁字(ちようじ),麝香(じやこう),竜脳(りゆうのう)などが使われ,いろいろな調合法があった。…

※「花袋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

花袋の関連キーワード身二つになる天工・天功湧出・涌出風俗小説論病を養う年功加俸江戸時代踏み所唐物屋𠮟する御洒落抒情詩浮れ心草臥れケット待渡る後仕舞黒暗暗振放つ匂い袋

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

花袋の関連情報