花輪(秋田県の地名)(読み)はなわ

  • 秋田県の地名
  • 花輪

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

秋田県北東部、鹿角市(かづのし)の中心地区。旧花輪町。花輪盆地のほぼ中央に位置し、市の政治、経済、文化の中心地。江戸時代は南部氏盛岡藩領で、盛岡藩内の花輪通支配の拠点で城代が置かれた。盛岡、秋田両藩領を結んだ鹿角街道(国道282号)が通じるほか、JR花輪線、東北自動車道が通じる。幸稲荷(さいわいいなり)神社の祭礼に奏される花輪ばやしは県の無形民俗文化財。草木染めの紫根染、茜(あかね)染の技術が伝えられ、近年はハンドバッグ、財布がつくられている。鹿角市役所、総合運動公園、花輪スキー場などがある。

[宮崎禮次郎]

『『花輪町史』(1957・花輪町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android