鹿角(市)(読み)かづの

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鹿角(市)
かづの

秋田県北東端にある市。北は十和田(とわだ)湖を挟んで青森県に、東は岩手県に接する。1972年(昭和47)花輪(はなわ)、尾去沢(おさりざわ)、十和田の3町と八幡平(はちまんたい)村が合併して市制施行。市名は郡名による。JR花輪線、国道103号、104号、282号、341号、454号が通じ、東北自動車道の鹿角八幡平と十和田の2インターチェンジがある。江戸時代は南部氏盛岡藩領で花輪、毛馬内(けまない)には代官所が置かれた。産業は米代(よねしろ)川流域の花輪盆地での米作のほか、鹿角リンゴや野菜栽培、畜産も盛ん。尾去沢鉱山は藩政時代直営鉱山として栄えたが、1978年閉山した。市の北部や南部は十和田八幡平国立公園に含まれ、大湯、後生掛(ごしょがけ)など温泉も多い。特別史跡に大湯環状列石、国の重要無形民俗文化財に花輪祭の屋台行事(ユネスコ無形文化遺産に登録)、大日堂舞楽、毛馬内の盆踊などがある。面積707.52平方キロメートル、人口3万2038(2015)。[宮崎禮次郎]
『『鹿角市史』全5巻(1982~1997・鹿角市)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鹿角(市)の関連情報