コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハンドバッグ handbag

翻訳|handbag

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハンドバッグ
handbag

財布,化粧品,筆記用具などの細かな身のまわりの品を入れて携帯する女性用小型バッグ元来は実用品であるが,アクセサリーとしての効果も大きい。材料は一般には皮革類,籐,竹,布,木など,フォーマルなものではビーズ,エナメルスエード,絹など。原型は前9世紀頃のアッシリア浮彫にみられ,古代から中世にかけては,ベルトに紐で小袋をつるす習慣があった。 16世紀以降,スカートの膨大化の傾向に伴い不要になり,長らく姿を消した。 19世紀初頭の薄物の流行とともに再び登場し,以来婦人のアクセサリー兼実用品として一般化した。第2次世界大戦後には肩に掛ける長い吊り紐付きのショルダーバッグも普及した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ハンドバッグ(handbag)

手回り品などを入れて携帯する女性用の小型手提げかばん。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ハンドバッグ

手さげ袋のこと。古代ギリシアから用いられ,中世には男女とも腰紐(こしひも)に下げて用いた。現在はもっぱら女性用とされ,革,合成皮革,布,ビニルなどで作られる。夜会用のイブニング・バッグ,活動的なショルダー・バッグ,巾着(きんちゃく)形のポーチ・バッグ,箱形のボックス・バッグなどがあり,色,形などは流行によって変わる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハンドバッグ【handbag】

財布や化粧品などの小物を入れて,手に提げたり,肩にかけたりして携行するものの総称。一般には婦人用を指す。前9世紀アッシリアの浮彫にハンドバッグに似た四角い手提げ袋を提げた僧侶の姿が見られる。中世には,貴族の女性たちが,ベルトにオーモニエールaumônièreという袋を吊るし小銭や鍵などを入れていた。これが,西洋におけるハンドバッグの前身といわれている。ルネサンス期には小物入れとしてポケットが利用されるが,19世紀になると,スカートがタイトになったため手に提げる袋が必要になり,インディスペンサブルindispensableと呼ばれるものが生まれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ハンドバッグ【handbag】

手回り品・化粧品・財布などを入れる、婦人用の手提げかばん。ハンドバック。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハンドバッグ
はんどばっぐ
handbag

財布や化粧品その他の小物類を入れて持ち歩く、小型の鞄(かばん)または手提げ袋。手に提げたり抱えたり、腕や肩にかけたり、首や腰につるしたりして持つ袋物をさす。実用的要素の強いアクセサリーで、衣服形態と密接な関連をもち、形、サイズ、素材、デザインは時流に応じて多様に流行が変わる。日本では、クラッチバッグ(片手で抱え持つバッグ)、ボストンバッグ、ショルダーバッグ、ポシェット(首や肩からつるす小さなポケット状のバッグ)、パース(小型バッグ)、ベルトポケット(ベルトに通してウエストにつける)などがある。
 袋物の使用は古く、紀元前9世紀ごろのアッシリアには、四角い手提げ袋(一説では手桶(ておけ))を手にした神像の浮彫りがみられる。前7世紀のバビロニアでは、宗教儀式に必要なバッグがあった。古代ギリシアでは、ポケットの代用に袋をベルトにつるすことが行われ、この風習は中世後期まで続く。この袋は、中世にはオモニエール、エスカルセルとよばれ、財布や鍵(かぎ)や施し物、ナイフ、櫛(くし)などを入れていた。今日流行のポシェットのルーツともいわれる。また16世紀初期には、婦人たちに香水を入れて持ち歩くことが流行した。このころからスカートの大型化が進み、膨らませたスカートの内部に、バッグの代用を果たすポケットを隠し付けにする方法が行われた。
 現代の手提げ式のハンドバッグは、19世紀のスリムなエンパイアスタイルから生まれたレティキュールが原型といえる。エンパイアスタイルは、ウエストラインが高く、スカートも細かったので、前記のような「スカート内部のポケット」は不可能であったので、ふたたびバッグへの関心が高まった。堅牢(けんろう)なデザインの機能的なバッグが完成したのは19世紀の末期。20世紀に入ると、女性の職場進出に伴ってバッグの需要が増し、いわゆるハンドバッグの大流行が始まった。第二次世界大戦後は肩にかけるショルダーバッグが支配的傾向をもつようになる。1975年、パリ・コレクションにポシェットが登場、同じころから小型のボストンバッグがタウン用にも台頭してきた。カジュアルなものは男女両用のバッグがあり、近年は男子のショルダーバッグが伸びている。ツーウェイバッグ、親子バッグ、折り畳みバッグなど、くふうを凝らしたものも多い。[平野裕子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ハンドバッグの関連キーワードフリーダ ジャンニーニ姫革白なめし革細工マルコ ビッザーリコーディネーションボックス(皮革)アミメニシキヘビサン・ローランペインテックスクラッチバッグミズオオトカゲあけび蔓細工佐原ラフィアケリーバッグ絽刺し・絽刺ビーズバッグオペラバッグイールスキンカーフスキン引っ手繰る佐田 栄子

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハンドバッグの関連情報