芹谷野用水(読み)せりだんのようすい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

芹谷野用水
せりだんのようすい

富山県中西部、砺波(となみ)市の庄(しょう)川右岸の芹谷野を灌漑(かんがい)する用水。芹谷野は南北10キロメートルの細長い段丘で、1663年(寛文3)加賀藩の許可を得た島村の九郎兵衛と戸出(といで)村の又八によって用水が着工された。庄川弁財天から取水し射水(いみず)郡水戸田(みとだ)村(射水市大門(だいもん))まで32キロメートルに及ぶ。用水の完成で開墾が進み、20の新村ができた。いまもそのいくつかの親村(おやむら)・子村(こむら)の関係は2万5000分の1の地形図上でみることができる。現在の取水口は青島の合口(ごうくち)ダムである。[深井三郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android