コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島村 しまむら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島村 しまむら

川端康成の小説雪国」の主人公
西洋舞踊の評論家上越温泉場で芸者駒子に出あい,自分と同質のものを彼女の中に発見する。一方,駒子と対照的な葉子にも心ひかれる。小説は昭和10年「文芸春秋」に連載。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しまむら【島村】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

島村の関連キーワードNHK杯テレビ囲碁トーナメント戦シマムラ ミュージックカード海底地震計売却詐欺事件エクソシストとの対話海底地震計売却事件藪内紹智(4代)カチューシャの歌近代文芸之研究竹山ひとり旅芳年冥府彷徨無法松の一生切立村喜四郎田島 善平渡瀬 淳子島村寿之助吉田 芳明城ヶ島の雨松井須磨子島忠[株]文芸協会

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

島村の関連情報