コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

苛性変成作用 かせいへんせいさよう caustic metamorphism

1件 の用語解説(苛性変成作用の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

苛性変成作用

マグマの熱の作用で隣接する岩石や捕獲された岩石が熔融するなどの著しい特徴をもつ接触変成作用[Grubenmann & Niggli : 1924].causticは苛性,焼灼(しょうしゃく)性,苛性,腐食性など組織が激しく破壊される意味である.この変成作用によって岩石は多少の固化,硬化,焼け焦げなどがあり,半熔してガラスになる場合もある.しかしマグマ中の鉱物が融けて虫食い状になる融蝕と同様であり,苛性(caustic)の語は用いられなくなった.苛性とは,皮膚などの組織に対して著しく腐食させる性質.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

苛性変成作用の関連キーワード混成作用接触変成作用マグマ分化作用捕獲結晶正マグマ的アルカリ-カルク・マグマ苦鉄質マグマ静マグマ分化作用マグマ融食作用マグマ性気成期

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone