コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

若乃花幹士(2代) わかのはな かんじ

1件 の用語解説(若乃花幹士(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

若乃花幹士(2代) わかのはな-かんじ

1953- 昭和時代後期の力士。
昭和28年4月3日生まれ。昭和43年二子山部屋に入門。48年入幕。天性の足腰の柔らかさ,懐の深さで,3場所連続技能賞を受賞するなど活躍し,51年大関。53年56代横綱となり,若三杉のしこ名から2代若乃花幹士を襲名。58年引退。優勝4回。間垣部屋をおこした。平成10年日本相撲協会理事。20年大麻所持で逮捕された若ノ鵬の監督責任問題により理事を辞任。青森県出身。本名は下山勝則。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

若乃花幹士(2代)の関連キーワード柏戸剛北の湖敏満佐田の山晋松玉の海正洋栃ノ海晃嘉双羽黒光司朝潮太郎(3代)琴ケ浜貞雄中尾都山(2代)豊山勝男

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone