コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

若乃花幹士(2代) わかのはな かんじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

若乃花幹士(2代) わかのはな-かんじ

1953- 昭和時代後期の力士。
昭和28年4月3日生まれ。昭和43年二子山部屋に入門。48年入幕。天性の足腰の柔らかさ,懐の深さで,3場所連続技能賞を受賞するなど活躍し,51年大関。53年56代横綱となり,若三杉のしこ名から2代若乃花幹士を襲名。58年引退。優勝4回。間垣部屋をおこした。平成10年日本相撲協会理事。20年大麻所持で逮捕された若ノ鵬の監督責任問題により理事を辞任。青森県出身。本名は下山勝則。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

若乃花幹士(2代)の関連キーワード新藤兼人斎藤寅次郎マキノ雅広市川崑川島雄三野村芳太郎森一生単層日本自由党今井正

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android