コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

若乃花幹士(2代) わかのはな かんじ

1件 の用語解説(若乃花幹士(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

若乃花幹士(2代) わかのはな-かんじ

1953- 昭和時代後期の力士。
昭和28年4月3日生まれ。昭和43年二子山部屋に入門。48年入幕。天性の足腰の柔らかさ,懐の深さで,3場所連続技能賞を受賞するなど活躍し,51年大関。53年56代横綱となり,若三杉のしこ名から2代若乃花幹士を襲名。58年引退。優勝4回。間垣部屋をおこした。平成10年日本相撲協会理事。20年大麻所持で逮捕された若ノ鵬の監督責任問題により理事を辞任。青森県出身。本名は下山勝則。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

若乃花幹士(2代)の関連キーワード単層原子力産業砥石ダットサンDB-5型日野ルノー PA型日本自由党内灘事件吉田茂内閣ラジオ放送立体映画

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone