若山節(読み)わかやまぶし

精選版 日本国語大辞典「若山節」の解説

わかやま‐ぶし【若山節】

〘名〙 貞享・元祿(一六八四‐一七〇四)頃、江戸歌舞伎の唄うたいの上手であった若山五郎兵衛が創始した浄瑠璃節。
※随筆・譚海(1795)一二「芝居きゃうげんのあへしらひに、一口づつうたふは、わか山ぶしと云もの也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android