コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

若衆踊 わかしゅおどり

1件 の用語解説(若衆踊の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

わかしゅおどり【若衆踊】

(1)中世末期に京都を中心に流行した風流(ふりゆう)踊の一種。若者が中心の踊りで,衣装や造り物の趣向を競った。また当時,若衆による能,狂言,踊りなどの芸能一座も頻出し,それらが母体となって若衆歌舞伎が生まれるが,その中心芸は舞の要素も加えた若衆の踊りで,総踊や業平躍(なりひらおどり),大小の舞などが知られる。(2)琉球の宮廷舞踊の一つ。少年が振袖袷衣装に赤地の引羽織をつけ,緋紗綾(さや)の足袋をはいて踊る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の若衆踊の言及

【沖縄[県]】より

…これが評判をえて,以後組踊が歴代創作されるようになったが,また彼は三線歌曲を伴奏にした舞踊を振付けし,のちの宮廷舞踊の基礎を固めた。この種の舞踊を端踊(はおどり)とよぶが,種目には老人踊,二歳踊(成年男子の踊り),若衆踊,女踊の四つがあり,それぞれで扮装と技法が異なる。演者はいずれも士族の子弟が勤め,若衆踊,二歳踊は該当年代の者,女踊は成年直後ごろの者の役割であったが,廃藩置県後はしだいに崩れ,女性も自由に踊るようになった。…

※「若衆踊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

若衆踊の関連キーワード聖史劇うんてれがん治太夫節白浪物殿中元禄小袖小歌踊貞門風道念山三郎道念仁兵衛

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone