コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

若衆踊 わかしゅおどり

世界大百科事典 第2版の解説

わかしゅおどり【若衆踊】

(1)中世末期に京都を中心に流行した風流(ふりゆう)踊の一種。若者が中心の踊りで,衣装や造り物の趣向を競った。また当時,若衆による能,狂言,踊りなどの芸能一座も頻出し,それらが母体となって若衆歌舞伎が生まれるが,その中心芸は舞の要素も加えた若衆の踊りで,総踊や業平躍(なりひらおどり),大小の舞などが知られる。(2)琉球の宮廷舞踊の一つ。少年が振袖袷衣装に赤地の引羽織をつけ,緋紗綾(さや)の足袋をはいて踊る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の若衆踊の言及

【沖縄[県]】より

…これが評判をえて,以後組踊が歴代創作されるようになったが,また彼は三線歌曲を伴奏にした舞踊を振付けし,のちの宮廷舞踊の基礎を固めた。この種の舞踊を端踊(はおどり)とよぶが,種目には老人踊,二歳踊(成年男子の踊り),若衆踊,女踊の四つがあり,それぞれで扮装と技法が異なる。演者はいずれも士族の子弟が勤め,若衆踊,二歳踊は該当年代の者,女踊は成年直後ごろの者の役割であったが,廃藩置県後はしだいに崩れ,女性も自由に踊るようになった。…

※「若衆踊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone