苦心の学友(読み)くしんのがくゆう

日本大百科全書(ニッポニカ)「苦心の学友」の解説

苦心の学友
くしんのがくゆう

佐々木邦(くに)のユーモア少年小説。1927年(昭和2)10月より29年12月まで『少年倶楽部(くらぶ)』に連載。小市民層の少年内藤正三が花岡伯爵家の三男同い年の照彦のお相手に選ばれたが、生活環境からくる考え方や感じ方の違いから、学校や邸内で珍妙なできごとが続発する。笑いが中心的な要素となっている作品であるが、英米文学に学んだ合理主義の精神で貫かれており、健全な大衆児童文学の作品となっている。

上笙一郎

『『日本児童文学大系19 佐藤紅緑・佐々木邦集』(1975・ほるぷ出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android