英雲化作用(読み)えいうんかさよう(英語表記)greisenization, greisening

岩石学辞典の解説

英雲化作用

花崗岩やその周辺の岩石が,比較的高温の過熱水蒸気とフッ素の作用による交代変質作用.花崗岩の中の長石は白雲母に変化するが曹長石は残っている.トパーズがグライゼンの主要な成分のことが多い.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android