コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茂山千作(2世)(読み)しげやませんさく[にせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

茂山千作(2世)
しげやませんさく[にせい]

[生]元治1(1864).9.27. 京都
[没]1950.2.5. 京都
能楽師,大蔵流狂言方。彦根藩に仕えた茂山家9世千四郎正虎の次男。幼名市蔵。父の没後 1888年 25歳で 10世を継ぎ,千五郎正重と名のる。 83歳で隠居,長男真一に千五郎を譲り,父の別名千作 (9世は禁裏能では実家の姓をとり佐々木千作といった) を継ぎ『庵の梅』を演じる。よく流儀の発展に努め,晩年は目が不自由であったが,洒脱な芸風の持主で名人といわれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android