コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茂山千作(2世) しげやませんさくにせい

1件 の用語解説(茂山千作(2世)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

茂山千作(2世)
しげやませんさくにせい

[生]元治1(1864).9.27. 京都
[没]1950.2.5. 京都
能楽師,大蔵流狂言方。彦根藩に仕えた茂山家9世千四郎正虎の次男。幼名市蔵。父の没後 1888年 25歳で 10世を継ぎ,千五郎正重と名のる。 83歳で隠居,長男真一に千五郎を譲り,父の別名千作 (9世は禁裏能では実家の姓をとり佐々木千作といった) を継ぎ『庵の梅』を演じる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

茂山千作(2世)の関連キーワード杉浦宇貫羽田桂舟広田執中山階宮京町池田仲建牛尾梅吉九鬼隆徳豊永斧馬宮田栄助(2代)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone