コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茂木氏 もてぎうじ

1件 の用語解説(茂木氏の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

もてぎうじ【茂木氏】

下野の中世武家。鎌倉幕府の有力御家人で,常陸の守護職を世襲した八田氏の一流。1192年(建久3)八田知家が下野茂木郷の地頭職に補任されたことにより,三男知基が茂木に移り住み,姓を茂木と改め初代となった。茂木氏の在地支配の拠点は茂木城(桔梗城)。承久の乱の軍功により紀伊加太荘の地頭職を得た。南北朝時代は一貫して足利方に属し各地を転戦した。この間,南朝方の攻撃で茂木城を焼失したり,近隣の在地領主によって茂木荘内を押領されたりしたが,よく所領を保持し続けた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

茂木氏の関連キーワード守護徳政評定衆関東御分国官途奉行御家人役私領武家武家役小山政光

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

茂木氏の関連情報