コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茂木氏 もてぎうじ

世界大百科事典 第2版の解説

もてぎうじ【茂木氏】

下野の中世武家。鎌倉幕府の有力御家人で,常陸の守護職を世襲した八田氏の一流。1192年(建久3)八田知家が下野茂木郷の地頭職に補任されたことにより,三男知基が茂木に移り住み,姓を茂木と改め初代となった。茂木氏の在地支配の拠点は茂木城(桔梗城)。承久の乱の軍功により紀伊加太荘の地頭職を得た。南北朝時代は一貫して足利方に属し各地を転戦した。この間,南朝方の攻撃で茂木城を焼失したり,近隣の在地領主によって茂木荘内を押領されたりしたが,よく所領を保持し続けた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

茂木氏の関連キーワード茂木(町)茂木[町]武田三益小田氏十二所

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

茂木氏の関連情報