コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八田知家 はった ともいえ

3件 の用語解説(八田知家の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

八田知家 はった-ともいえ

?-? 平安後期-鎌倉時代の武将。
宇都宮宗綱の子。一説に源義朝の子。常陸(ひたち)(茨城県)八田を本拠とする。源頼朝の挙兵に応じ,平家追討では源範頼(のりより)にしたがう。常陸守護となり,文治(ぶんじ)5年(1189)の奥州攻めで東海道大将軍をつとめる。2代将軍源頼家のとき宿老として幕政にくわわった。子孫は常陸小田に本拠をうつし小田氏を称した。通称は四郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

八田知家

生年:生没年不詳
平安末・鎌倉初期の武士。下野国(栃木県)出身。八田宗綱の子。源義朝の子との伝承もある。四郎,武者所を称す。寿永2(1183)年,志太義広を小山氏の指揮のもとに倒し,平家追討では源範頼に従ったが,在京中に右衛門尉に任官したため源頼朝の怒りを買った。その後復権し,有力御家人として活躍。奥州合戦(1189)では東海道軍の大将軍を務めた。正治1(1199)年将軍源頼家の親裁が停止されると,13人の宿老のひとりとして合議制に加わった。鎌倉の邸宅が京都からの使者の宿所にしばしば充てられている点は,知家が京都の文化にも通じていたことを窺わせる。筑後守,常陸守護などを歴任。

(高橋秀樹)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

はったともいえ【八田知家】

平安時代末期~鎌倉時代前期の武将。生没年不詳。宇都宮宗綱の子。藤原氏。常陸国新治(にいはり)郡八田(現,茨城県下館(しもだて)市八田)を本拠とし,小田(おだ)氏茂木(もてぎ)氏宍戸(ししど)氏中条(ちゆうじよう)氏などの祖。四郎を称し,武者所(むしやどころ),右馬允(うまのじよう),左衛門尉,筑前守に任ぜられた。《保元物語》にその名が見え,源平争乱には源範頼(のりより)に従った。1181年(養和1)志田義広(しだよしひろ)の軍勢との戦いに参加するなど源頼朝に重んぜられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の八田知家の言及

【小田氏】より

…中世の常陸国の豪族。下野の豪族宇都宮宗綱の次子八田知家を祖とする。知家は父宗綱の所領の一つである,現在の茨城県下館市八田を本拠とし八田武者所(はつたむしやどころ)と称した。…

【小田城】より

…茨城県つくば市小田にあった。小田氏は下野の豪族宇都宮氏の庶流八田知家が,筑波山麓の小田へ進出して小田氏を称したのに始まる。知家は常陸国守護に任じられ,在来の常陸平氏の一族の勢力を圧倒し,常陸南半に勢力を扶植した。…

※「八田知家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

八田知家の関連キーワード定慶平安時代別符春日版叔梁紇鳥獣戯画二中歴粟田口国頼真守藤原忠衡

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone