コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茅花かす ツバナカス

デジタル大辞泉の解説

つばな‐か・す【×茅花かす】

[動サ四]《茅花の穂のようにする意》綿などをつまみひろげ、ほぐして柔らかにする。また転じて、気分を解きほぐす。心をなごませる。
「これを布子へ入れて、余ったを―・して襟巻にして」〈伎・天羽衣〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

つばなかす【茅花かす】

( 動四 )
〔「つばな」の花穂のようにする意〕
綿などを摘まんで広げて、けばだたせる。 「のりつけて、はりてほしては-・し/浄瑠璃・嵯峨天皇」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

茅花かすの関連キーワード嵯峨天皇茅花

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android