コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茅花かす ツバナカス

デジタル大辞泉の解説

つばな‐か・す【×茅花かす】

[動サ四]《茅花の穂のようにする意》綿などをつまみひろげ、ほぐして柔らかにする。また転じて、気分を解きほぐす。心をなごませる。
「これを布子へ入れて、余ったを―・して襟巻にして」〈伎・天羽衣〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つばなかす【茅花かす】

( 動四 )
〔「つばな」の花穂のようにする意〕
綿などを摘まんで広げて、けばだたせる。 「のりつけて、はりてほしては-・し/浄瑠璃・嵯峨天皇」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android