コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茎だいこん

デジタル大辞泉プラスの解説

茎だいこん

京都府京都市で主に生産されるダイコン。根長30cm、根径6cm程度で収穫。根の先がやや太く、尻がつまっている。「茎だいこん」の名称は地上部が長く出ることから。江戸時代には「中堂寺だいこん」とも呼ばれた。葉や茎も一緒に漬物にする。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

茎だいこん[根菜・土物類]
くきだいこん

近畿地方、京都府地域ブランド
主に京都市左京区・京都市北区などで生産されている。秋だいこんの一種。300年前から京都で栽培されてきた在来種であるといわれる。茎葉は繊細であるが、根部はしまった尻詰りで、地上部に抜き出る特性がある。茎も葉も一緒に漬け込むと漬物として風味が良い。京の伝統野菜

出典|日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について | 情報

茎だいこんの関連キーワード京都府京都市近畿地方

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android