茎頂培養(読み)けいちょうばいよう(英語表記)stem tip culture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

茎頂培養
けいちょうばいよう
stem tip culture

組織培養のうち,植物の茎頂部分の分裂組織を培養すること。フランスの J.モレルが 1960年代前半にシンビジウムを用いて開発した。茎頂は分裂増殖力が強く,ウイルスに侵されていない健全な苗が得られることから,ラン,カーネーション,キク,イチゴなどの栽培に用いられるようになった。この培養方法で育てられた苗をメリクロンという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

茎頂培養

植物の茎の先端(茎頂)にあって、細胞分裂がさかんに起こっている部分を成長点という。茎頂全体を取り出して、試験管内で培養することを茎頂培養、茎頂から成長点を切り出して培養することを成長点培養という。茎頂培養により、ウイルスフリーの苗を作製できる。さらに茎頂培養の際に、突然変異誘発剤の処理などによって突然変異を起こさせ、培養と選別を繰り返すと、目的とする遺伝的特徴を備えたウイルスフリーの苗が大量に得られる。この手法により、サトイモ、イチゴ、ブドウなどの新品種が作出されている。

(川口啓明 科学ジャーナリスト / 菊地昌子 科学ジャーナリスト / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

けいちょう‐ばいよう〔ケイチヤウバイヤウ〕【茎頂培養】

植物の茎の先端の生長点を取って培養すること。研究のほか、ランの栽培にも応用される。生長点培養。メリクロン。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android