コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茎頂培養 けいちょうばいよう stem tip culture

4件 の用語解説(茎頂培養の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

茎頂培養
けいちょうばいよう
stem tip culture

組織培養のうち,植物の茎頂部分の分裂組織を培養すること。フランスの J.モレルが 1960年代前半にシンビジウムを用いて開発した。茎頂は分裂増殖力が強く,ウイルスに侵されていない健全な苗が得られることから,ラン,カーネーション,キク,イチゴなどの栽培に用いられるようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

茎頂培養

植物の茎の先端(茎頂)にあって、細胞分裂がさかんに起こっている部分を成長点という。茎頂全体を取り出して、試験管内で培養することを茎頂培養、茎頂から成長点を切り出して培養することを成長点培養という。茎頂培養により、ウイルスフリーの苗を作製できる。さらに茎頂培養の際に、突然変異誘発剤の処理などによって突然変異を起こさせ、培養と選別を繰り返すと、目的とする遺伝的特徴を備えたウイルスフリーの苗が大量に得られる。この手法により、サトイモ、イチゴ、ブドウなどの新品種が作出されている。

(川口啓明 科学ジャーナリスト / 菊地昌子 科学ジャーナリスト / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

けいちょう‐ばいよう〔ケイチヤウバイヤウ〕【茎頂培養】

植物の茎の先端の生長点を取って培養すること。研究のほか、ランの栽培にも応用される。メリクロン

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

けいちょうばいよう【茎頂培養】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

茎頂培養の関連キーワード後期細胞板細胞分裂生長点分裂組織有糸分裂間期体細胞分裂内鞘娘細胞

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone