コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

きく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

きく

宇宙開発事業団 NASDA (→宇宙航空研究開発機構 ) が開発している技術試験衛星 ETSシリーズの愛称の一つ。 NASDA最初の人工衛星 ETS-Iが,1975年の9月9日 (重陽の節句) に打ち上げられ,「きく」と命名されたことによる。以降の NASDAの衛星が花の名をつけられる端緒となった。なお,1994年8月にH-IIロケットで打ち上げられた「きく」6号は静止軌道への変更に失敗,放棄されてしまった。 1997年 11月に打ち上げられた「きく」7号は,チェイサ衛星「ひこぼし」とターゲット衛星「おりひめ」からなり,1998年7月自動ランデブー・ドッキング実験に成功した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

きく

( 動五[四] )
(「口をきく」の形で)ものを言う。 「疲れて口を-・くのも面倒だ」 「無駄口を-・く」 → 口をきく
[可能] きける

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

きくの関連キーワードイージーリスニングスペインのことわざ宇宙開発事業団ラストヘビー野々宮きく子菊作りの太刀菊川〈町〉企救の高浜目先が利く北野秋芳佐原鞠塢御所鍛い口が悪い賢しら口菊花の酒菊花の宴挿げ替え菊塚検校才弾け者使い回し

きくの関連情報