コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茨城新聞

2件 の用語解説(茨城新聞の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

茨城新聞

株式会社茨城新聞社が販売する新聞。主な販売地域は茨城県。朝刊のみ発行。1891年創刊。前身はいはらき新聞。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

茨城新聞
いばらきしんぶん

茨城新聞社(水戸市)が茨城県で発行する日刊新聞で、県内の新聞発行部数のシェアは、『読売新聞』『朝日新聞』『毎日新聞』に次ぐ。朝刊単独紙。系譜的には、1891年(明治24)7月5日、自由民権論者の関戸覚蔵(せきどかくぞう)が創刊した『いはらき』にさかのぼる。1942年(昭和17)2月、太平洋戦争中の新聞統合政策により『常総新聞』『関東タイムス』『常南新聞』を統合して『茨城新聞』と改題、県下でただ一つの新聞となった。1945年8月戦災を被ったがまもなく再発行。1947年(昭和22)3月題号を『いはらき』に復元し、創刊100周年を迎えた1991年(平成3)の元旦(がんたん)に題号を『茨城新聞』に改定して現在に至っている。発行部数は約12万3000(2010)。[高須正郎・伊藤高史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

茨城新聞の関連キーワード伊勢新聞愛媛新聞岐阜新聞釧路新聞高知新聞佐賀新聞下野新聞福井新聞北國新聞山形新聞

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

茨城新聞の関連情報