水戸市(読み)みと

  • みとし
  • 水戸〔市〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

茨城県中部,那珂川の下流域にある市。県庁所在地。 1889年市制。 1933年常磐村,1952年上大野村の一部と緑岡村,1955年渡里村,吉田村,上大野村,柳河村の4村と河和田村,酒門村の一部,1957年飯富村,国田村の2村,1958年赤塚村,1992年常澄村,2005年内原町をそれぞれ編入。市街地は那珂川と千波湖に挟まれた細長い台地 (上市) と低地 (下市) を中心に広がる。鎌倉時代に大掾 (だいじょう) 氏が築城,慶長 14 (1609) 年徳川頼房が封じられ,以後徳川御三家の一つ水戸藩 35万石の城下町として発展。頼房とその子光圀 (→徳川光圀 ) によって大規模な城下町としての整備拡張が行なわれ,特に寛文3 (1663) 年光圀が完成させた笠原水道は有名である。明治4 (1871) 年県庁が置かれ,以来県の行政,文化の中心になっている。郊外では野菜,特にゴボウの栽培が盛ん。製粉,食品加工も行なわれる。水戸納豆は特産。商圏はおもに県北に広がる。愛宕山古墳,吉田古墳,大串貝塚は国の史跡。旧弘道館は国の特別史跡に指定される。国指定史跡および名勝の偕楽園は金沢の兼六園,岡山の後楽園とともに日本三名園。ウメの名所としても知られる。水戸城跡,旧弘道館,および偕楽園,千波湖などを合わせた地域は水戸県立自然公園となっている。内原の中崎家住宅は国の重要文化財。白旗山八幡宮のオハツキイチョウは国の天然記念物。国道6号線,50号線,JR常磐線が通る。 JR水郡線,鹿島臨海鉄道の起点。西部に常磐自動車道のインターチェンジがある。面積 217.32km2(境界未定)。人口 27万783(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水戸市の関連情報