コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茨城街道 いばらきかいどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

茨城街道
いばらきかいどう

福島県会津若松市から茨城県水戸市にいたる街道と,福島県白河市大信上新城で分かれ,矢吹町を経て塙町にいたる街道をいう。前者は新潟県から茨城県に通じる道路で,勢至堂峠 (741m) で奥羽山脈を越え,白河市から久慈川の谷を通って水戸市へ達する。会津若松市-白河市間は国道 294号線,白河市-水戸市間は国道 118号線にあたる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

茨城街道の関連キーワード福島県会津若松市長沼(旧町名)中島[村]天栄(村)矢祭(町)御斎所街道塙[町]大子町南郷

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android