茨城街道(読み)いばらきかいどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

茨城街道
いばらきかいどう

福島県会津若松市から茨城県水戸市にいたる街道と,福島県白河市大信上新城で分かれ,矢吹町を経て塙町にいたる街道をいう。前者は新潟県から茨城県に通じる道路で,勢至堂峠 (741m) で奥羽山脈を越え,白河市から久慈川の谷を通って水戸市へ達する。会津若松市-白河市間は国道 294号線,白河市-水戸市間は国道 118号線にあたる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android