コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白河市 しらかわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白河〔市〕
しらかわ

福島県南部,阿武隈川上流域に広がる市。白河盆地矢吹原の一部を占め,南西で栃木県に接する。 1949年白河町と大沼村が合体して市制。 1954年白坂村,小田川村の2村,さらに 1955年五箇村,表郷村の2村の一部を編入。 2005年表郷村,大信村,村と合体。 16世紀の中頃,結城氏が築造した小峰城 (旧白河城) の城下町として発展した。天明3 (1783) 年城主となった松平定信殖産興業に功績を残したが,慶応4 (1868) 年会津戦争の戦火で荒廃した。農村部には米作,野菜・果樹栽培,畜産などの複合経営農家が多い。特殊ガラスなどのガラス,電機・自動車部品,縫製,機械などの工場が進出している。国指定史跡および名勝の南湖公園,奥羽三関の一つで国指定史跡の白河関跡,同じく史跡の白河舟田・本沼遺跡群がある。市域の一部は南湖県立自然公園に属する。東北新幹線,JR東北本線,東北自動車道,国道4号線,289号線,294号線が通る。面積 305.32km2。人口 6万1913(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白河市の関連情報