コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勢至堂峠 せいしどうとうげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

勢至堂峠
せいしどうとうげ

福島県中央部,白河市猪苗代盆地を結ぶ茨城街道 (国道 294号線) にある。標高 741m。かつて佐渡金山産金は,この峠を通って江戸へ運ばれ,また江戸文化は主としてこの峠を経て会津入りした。豊臣秀吉が越えたことがあり,戊辰戦争の際に,この峠で新撰組が戦ったことがあるなど歴史の多い峠である。明治以後,磐越西線や国道 49号線に押され,交通量も激減したが,1974年国道に昇格してから,峠沿いの民家や本陣跡,宿場などが保存されて,観光道となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

勢至堂峠
せしどうとうげ

福島県中央部、郡山(こおりやま)市と須賀川(すかがわ)市との境にある峠。標高732メートル。国道294号(白河街道)が通じる。1994年(平成6)勢至堂トンネルが完成し、国道は峠付近をトンネルで通過するようになった。近世には唐沢(からさわ)峠、三代(みよ)峠、板橋峠とも称した。郡山市側の唐沢、三代、須賀川市側の勢至堂は旧宿駅。会津藩の要害地の一つで、最初勢至堂に口留(くちどめ)番所が置かれ、のち三代に移され、唐沢にはその出番所があった。豊臣(とよとみ)秀吉の会津入りもこの峠を越え、のちには参勤交代路に利用された。[安田初雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

勢至堂峠の関連キーワード福島県須賀川市勢至堂

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android