コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茶国 チャコク

デジタル大辞泉の解説

ちゃ‐こく【茶国】

茶屋で働く女。求めに応じて身を売ることもあった。遊女を傾国といったのに擬した語。茶立て女
「枝は木槲(もっこく)我が身は―、うるさき里の勤めぞと」〈浄・生玉心中

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゃこく【茶国】

(遊女を傾国というのに対して)茶屋女のこと。 「馴染なじみの仲も…のかねばならぬ-のよね(=女郎)衆/浮世草子・好色敗毒散」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android