コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茶国 チャコク

デジタル大辞泉の解説

ちゃ‐こく【茶国】

茶屋で働く女。求めに応じて身を売ることもあった。遊女を傾国といったのに擬した語。茶立て女
「枝は木槲(もっこく)我が身は―、うるさき里の勤めぞと」〈浄・生玉心中

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゃこく【茶国】

(遊女を傾国というのに対して)茶屋女のこと。 「馴染なじみの仲も…のかねばならぬ-のよね(=女郎)衆/浮世草子・好色敗毒散」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

茶国の関連キーワードカフカス浮世草子茶屋女紅茶

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android