コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茶屋新四郎(初代) ちゃや・しんしろう

1件 の用語解説(茶屋新四郎(初代)の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

茶屋新四郎(初代)

没年:寛文3.10.9(1663.11.8)
生年:生年不詳
江戸初期の朱印船貿易家,公儀呉服師。新四郎は尾張茶屋の名称で,代々当主が新四郎を称した。初代は元祖茶屋四郎次郎(清延)の3男長吉(長意)で,慶長19(1614)年分家して尾張藩の諸事御用を承り,藩呉服師を兼ねた。本姓は中嶋氏。長吉は次兄茶屋四郎次郎(3代)らと共に大坂の陣(1614~15)に際し,徳川方の内使を務め,講和の下交渉に当たるなど,特殊な役割を果たした。以後,新四郎家は尾張徳川家の側近御用を代々勤める一方,公儀呉服師も勤め,名古屋に本居を置き,京都,江戸にも居宅を与えられ,豪家として重きをなした。<参考文献>「尾州茶屋記録」(蓬左文庫蔵),林董一『近世名古屋商人の研究』

(中田易直)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

茶屋新四郎(初代)の関連キーワード三代茶屋四郎次郎朱印船末次船奉書船亀井玆矩茶屋四郎次郎(3代)茶屋新四郎橋本十左衛門浜田小左衛門

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone