コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茶掛(け) チャガケ

デジタル大辞泉の解説

ちゃ‐がけ【茶掛(け)】

《「茶掛け幅」の略》茶室の床(とこ)に掛ける軸。水墨の花鳥画小品のほか、書の軸物が多く使われる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の茶掛(け)の言及

【茶道】より

…たとえば楽長次(二)郎を祖とする楽焼の創出,その流れのなかに登場する本阿弥光悦の陶芸,あるいは野々村仁清に代表される京焼の華麗な世界も茶人の要求に従って創造されたものだ。こうした美術・工芸が茶道のなかでいかに用いられているかというと,床の間の飾りとして茶掛といわれる掛物と茶花がある。掛物はわび茶では禅僧の墨跡を最も珍重し,その他絵画,古筆あるいは茶人の消息などが多く用いられる。…

※「茶掛(け)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

茶掛(け)の関連キーワード茶道/茶事用語茶掛け・茶掛芳賀 幸四郎伊木三猿斎畠山記念館書の鑑賞茶席掛け村田珠光了庵清欲製茶業古筆切古文書掛物古筆

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android