コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茶掛(け) チャガケ

1件 の用語解説(茶掛(け)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちゃ‐がけ【茶掛(け)】

《「茶掛け幅」の略》茶室の床(とこ)に掛ける軸。水墨の花鳥画小品のほか、書の軸物が多く使われる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の茶掛(け)の言及

【茶道】より

…たとえば楽長次(二)郎を祖とする楽焼の創出,その流れのなかに登場する本阿弥光悦の陶芸,あるいは野々村仁清に代表される京焼の華麗な世界も茶人の要求に従って創造されたものだ。こうした美術・工芸が茶道のなかでいかに用いられているかというと,床の間の飾りとして茶掛といわれる掛物と茶花がある。掛物はわび茶では禅僧の墨跡を最も珍重し,その他絵画,古筆あるいは茶人の消息などが多く用いられる。…

※「茶掛(け)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone