茶木滋(読み)ちゃき しげる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

茶木滋 ちゃき-しげる

1910-1998 昭和-平成時代の童謡詩人。
明治43年1月5日生まれ。中学生のころから「赤い鳥」「金の星」などに投稿,童謡「とても大きな月だから」は「日本童謡集」(岩波文庫)に収録。昭和29年「めだかの学校」(中田喜直作曲)で芸術選奨。ほかに童謡集「とんぼのおつかい」など。平成10年11月1日死去。88歳。神奈川県出身。明治薬専(現明治薬大)卒。本名は七郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android