コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茶碗茸 チャワンタケ

デジタル大辞泉の解説

ちゃわん‐たけ【茶××茸】

チャワンタケ科のキノコ総称原野などに生える。初め壺状で、内面に子嚢(しのう)が並び、子嚢胞子が成熟すると開いて茶碗状になり、胞子が噴き出される。ベニチャワンタケ・ヒイロチャワンタケなど。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゃわんたけ【茶碗茸】

子囊菌しのうきん類チャワンタケ目のきのこ。子実体は皿形ないし浅い椀形。内面の底に円筒形または棍棒形の子囊を密生、成熟時、中に八個の子囊胞子を形成する。大形のものにオオチャワンタケ、小形のものにコベニチャワンタケなどがあり、種類に富む。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android