コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茶翅蜚蠊 チャバネゴキブリ

大辞林 第三版の解説

ちゃばねごきぶり【茶翅蜚蠊】

ゴキブリの一種。体長12ミリメートルほど。雌は卵の入った卵鞘らんしようを、孵化するまで腹端につけたまま生活する。人家内にすみ、あらゆる有機物を食害し、病原微生物を媒介する。日本には江戸末期、外国船から上陸したものとみられている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

茶翅蜚蠊 (チャバネゴキブリ)

学名:Blattella germanica
動物。ヒメゴキブリ科の昆虫

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

茶翅蜚蠊の関連キーワード病原微生物外国船有機物