茶腹も一時(読み)チャバラモイットキ

  • ちゃばら
  • も 一時(いっとき)
  • 茶腹
  • 茶腹(ちゃばら)も一時(いっとき)

デジタル大辞泉の解説

茶を飲んでも、しばらくの間は空腹をしのぐことができる。わずかなものでも、一時しのぎになることのたとえ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

茶を飲んだだけでもしばらくは空腹をまぎらすことができる。また、わずかばかりのものでも、一時のたすけになることをたとえていう。湯腹も一時。
※俳諧・つげのまくら(1707)「十四屋の前は荷鞍の山の秋〈一蜂〉 一ふく飲んで茶腹一時〈執筆〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ことわざを知る辞典の解説

食べるものがないとき、あるいは、食べる時間の余裕がないとき、茶を飲んだだけでもしばらくは空腹をまぎらすことができる。また、わずかなものでも、一時しのぎになることのたとえ。

[類句] 湯腹も一時粥腹も一時

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android