茶腹も一時(読み)チャバラモイットキ

デジタル大辞泉の解説

茶腹(ちゃばら)も一時(いっとき)

茶を飲んでも、しばらくの間は空腹をしのぐことができる。わずかなものでも、一時しのぎになることのたとえ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゃばらもいっとき【茶腹も一時】

茶を飲んでも一時空腹をしのぐことはできる。本来の目的を達することはできなくても、急場をしのぐことはできる。湯腹も一時。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちゃばら【茶腹】 も 一時(いっとき)

茶を飲んだだけでもしばらくは空腹をまぎらすことができる。また、わずかばかりのものでも、一時のたすけになることをたとえていう。湯腹も一時
※俳諧・つげのまくら(1707)「十四屋の前は荷鞍の山の秋〈一蜂〉 一ふく飲んで茶腹一時〈執筆〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android