コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荆釵記 けいさきJīng chāi jì

世界大百科事典 第2版の解説

けいさき【荆釵記 Jīng chāi jì】

中国,元末・明初の長編戯曲。南方系の楽曲による戯文。作者未詳。宋の王十朋の出世と,妻の銭玉蓮の貞節を描く。丞相の専横や富豪の横恋慕のため,状元に及第した十朋の左遷や玉蓮の自殺未遂などがおこるが,十朋が聘礼として玉蓮に贈った荆釵(荆のかんざし)が証拠となり,夫婦が再会して団円となる。元の雑劇が衰退して,杭州・温州あたりの戯文が発展しはじめた時期の傑作の一つである。【岩城 秀夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android