岩城(読み)いわき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岩城
いわき

秋田県南西部,由利本荘市北部の旧町域。日本海に面し,北は秋田市に接する。 1955年道川村と亀田町が合体して岩城町が発足。 2005年本荘市,矢島町,由利町,東由利町,西目町,鳥海町,大内町と合体して由利本荘市となった。中心集落の亀田は,江戸時代には岩城氏2万石の城下町であった。北部の道川は砂丘地で野菜栽培が行なわれる。またプラムを特産し,プラムワインもつくられている。

岩城
いわぎ

愛媛県北東部,備後灘西端,芸予諸島岩城島赤穂根島,津波島の3島からなる地区。旧村名。 2004年 10月,魚島村,弓削町,生名村と合併し,上島町となる。柑橘類を栽培し,県の果樹試験場の分場がある。旧庄屋三浦家はかつて松山藩主の参勤交代の宿泊所で,本陣が昔のまま残っている。西部の祥雲寺観音堂は室町時代の建築で,重要文化財。岩城島の中央部積善山一帯は瀬戸内海国立公園に属する。今治や因島から観光フェリー,高速船の便がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いわ‐き〔いは‐〕【岩城/城】

岩で囲まれた、石のとりでのような所。岩窟(がんくつ)。
棺を納める石室。
「事しあらば小泊瀬(をはつせ)山の―にも隠らば共にな思ひ我が背」〈・三八〇六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岩城の関連情報