コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩城 いわき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岩城
いわき

秋田県南西部,由利本荘市北部の旧町域。日本海に面し,北は秋田市に接する。 1955年道川村と亀田町が合体して岩城町が発足。 2005年本荘市,矢島町,由利町,東由利町,西目町,鳥海町,大内町と合体して由利本荘市となった。中心集落の亀田は,江戸時代には岩城氏2万石の城下町であった。北部の道川は砂丘地で野菜栽培が行なわれる。またプラムを特産し,プラムワインもつくられている。

岩城
いわぎ

愛媛県北東部,備後灘西端,芸予諸島岩城島赤穂根島津波島の3島からなる地区。旧村名。 2004年 10月,魚島村,弓削町,生名村と合併し,上島町となる。柑橘類を栽培し,県の果樹試験場の分場がある。旧庄屋三浦家はかつて松山藩主の参勤交代の宿泊所で,本陣が昔のまま残っている。西部の祥雲寺観音堂は室町時代の建築で,重要文化財岩城島の中央部積善山一帯は瀬戸内海国立公園に属する。今治や因島から観光フェリー,高速船の便がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いわ‐き〔いは‐〕【岩城/城】

岩で囲まれた、石のとりでのような所。岩窟(がんくつ)。
棺を納める石室。
「事しあらば小泊瀬(をはつせ)山の―にも隠らば共にな思ひ我が背」〈・三八〇六〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

岩城

秋田県由利本荘市にある道の駅。国道7号に沿う。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岩城の関連情報