荒木探令(読み)あらき たんれい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荒木探令 あらき-たんれい

1857-1931 明治-昭和時代前期の日本画家。
安政4年1月10日生まれ。東京で狩野探美(かのう-たんび)に師事。江戸川製陶所の納富介次郎(のうとみ-かいじろう)にテレビン油描法をまなび,陶画もえがいた。狩野派の復興につとめ,晩年に狩野姓となる。昭和6年1月9日死去。75歳。出羽(でわ)新庄(山形県)出身。名は丈太郎,のち守純。作品に「琴棋書画」「昭代嘉祥」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android