荒木絵里香(読み)あらき えりか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荒木絵里香 あらき-えりか

1984- 平成時代の女子バレーボール選手。
昭和59年8月3日生まれ。ポジションはミドルブロッカー,身長186cm。成徳学園高(現・下北沢成徳高)時代には大山加奈らとともに春高バレー・インターハイ・国体の高校3冠を達成。平成15年東レアローズに入団,19-20年シーズンではプレミアリーグ最高殊勲選手賞(MVP)・スパイク賞(日本記録賞)・ブロック賞・ベスト6賞に輝く。16年から全日本代表となり,20年北京五輪に出場しベストブロッカー賞を受賞,チームは5位となる。同年イタリアリーグのベルガモに期限付きレンタル移籍。21年東レに復帰。22年世界選手権に出場して銅メダル。23-24年プレミアリーグで2度目の最高殊勲選手賞,ベスト6賞(6回目),Vリーグ栄誉賞を受賞。24年ロンドン五輪に出場し,五輪で日本女子バレー28年ぶりのメダルとなる銅メダルを獲得。25年ラグビーの四宮洋平と結婚,東レを退社したが,26年女児出産をへて上尾メディックスで現役復帰。岡山県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

荒木絵里香の関連情報