コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大山加奈 おおやま かな

1件 の用語解説(大山加奈の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大山加奈 おおやま-かな

1984 平成時代の女子バレーボール選手。
昭和59年6月19日生まれ。ポジションウイングスパイカー,身長187cm。小学校時代に全日本バレーボール小学生大会優勝。名門の成徳学園中から成徳学園高(現・下北沢成徳高)にすすみ,荒木絵里香らとともに春高バレーインターハイ・国体の高校3冠を達成。平成15年東レアローズに入団,同年Vリーグ(現プレミアリーグ)新人賞を受賞。16年アテネ五輪に出場。恵まれた体格からはなつスパイクで期待されるが,持病の腰痛で北京五輪は代表を断念した。22年現役引退。ビーチバレーに転向した大山未希は実妹。東京都出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大山加奈の関連キーワード河西昌枝ワールドグランプリ女子バレーボール大会狩野美雪河合由貴江畑幸子迫田さおり新鍋理沙中道瞳山口舞

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大山加奈の関連情報