コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒雄 あらお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荒雄 あらお

?-? 奈良時代の漁師。
筑前(ちくぜん)(福岡県)の人。神亀(じんき)年間(724-729)友人の宗形部津麻呂(むなかたべの-つま)にかわって,対馬(つしま)(長崎県)に防人(さきもり)の食糧をはこぶ船のかじ取りをし,暴風雨にあい遭難死した。これをかなしんで妻子ら(一説には山上憶良(おくら))がよんだ歌10首が「万葉集」巻16におさめられている。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

荒雄の関連キーワード宮城県大崎市鳴子温泉鬼首鳴子(宮城県の旧町名)宮城県大崎市古川福沼吹上温泉(宮城県)女釜・男釜間欠泉古川(宮城県)座散乱木遺跡岩出山[町]栗駒国定公園宮城県大崎市岩出山〈町〉古川[市]雌釜中山平温泉鳴子〈町〉鳴子[町]鬼首温泉郷東鳴子温泉陸羽東線鳴子ダム

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

荒雄の関連情報