コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山上憶良 やまのうえのおくら

7件 の用語解説(山上憶良の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山上憶良
やまのうえのおくら

[生]斉明6(660).百済?
[没]天平5(733)頃
奈良時代の万葉歌人。文武5 (701) 年遣唐少録として名を記録されたのが『続日本紀』の初出で,このとき 42歳で無位であった。霊亀2 (716) 年伯耆守,養老5 (721) 年東宮 (のちの聖武天皇) 侍講となり,この頃『類聚歌林』を編纂したとされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

やまのうえ‐の‐おくら〔やまのうへ‐〕【山上憶良】

[660~733ころ]奈良前期の官人・歌人。大宝2年(702)渡唐し、帰国後、伯耆守(ほうきのかみ)・東宮侍講・筑前守を歴任。思想性・社会性をもつ歌を詠んだ。万葉集に長歌・短歌・旋頭歌(せどうか)・漢詩文がある。歌集「類聚歌林」の編者。作「貧窮問答歌」「子等を思ふ歌」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

山上憶良【やまのうえのおくら】

万葉歌人。出自については不明で,百済系渡来人説など諸説がある。702年遣唐使の随員として渡唐。帰国後,伯耆(ほうき)守,東宮侍講を経て筑前守となり,大宰帥(だざいのそつ)大伴旅人と交遊を深めた。
→関連項目秋の七草天平時代松浦佐用姫

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山上憶良 やまのうえの-おくら

660-? 飛鳥(あすか)-奈良時代の官吏,歌人。
斉明天皇6年生まれ。大宝(たいほう)2年遣唐(けんとう)少録として唐(中国)にわたる。帰国後伯耆守(ほうきのかみ),東宮侍講をへて筑前守(ちくぜんのかみ)となり,大宰府で大伴旅人(おおともの-たびと)らとまじわった。「万葉集」に長歌,短歌,旋頭歌(せどうか),漢詩文があり,「貧窮問答歌」は有名。天平(てんぴょう)5年(733)ごろ没したという。編著に「類聚歌林(るいじゅかりん)」。
【格言など】銀(しろがね)も金(くがね)も玉も何せむに勝れる宝子に及(し)かめやも(「万葉集」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

山上憶良

没年:天平5?(733)
生年:斉明6(660)
奈良時代の歌人。『万葉集』に,推定作を含む長歌11首,短歌60首余,旋頭歌1首,漢詩文3首を残す。また『類聚歌林』を編んだが,現存しない。大宝1(701)年遣唐少録に任ぜられる際に,「无位山於億良」と『続日本紀』にみえる。翌2年渡唐,慶雲1(704)年もしくはその3年後に帰朝。和銅7(714)年従五位下。寒門出身のならいで,以後位は卒年まで据え置かれた。神亀3(726)年ごろ筑前国守。2年ほどのちに大宰帥となった大伴旅人との文学的な交流が,歌人としての活躍を決定づけるに至る。『万葉集』に収められる従前の作が,短歌6首にすぎないことによっても,その出会いの貴重さが窺えよう。 神亀5(728)年,旅人は着任早々妻を失うが,旅人に代わって亡き妻を悼んだと覚しき「日本挽歌」(巻5)をものして謹上し,同時に「惑情を反さしむる歌」「子等を思ふ歌」「世間の住まり難きことを悲しぶる歌」(巻5)を撰定している。この3作は,すべて漢文の序を付し,歌との有機的な結合をはかる斬新な形式を持つ。また,「惑情を反さしむる歌」は,3つの長歌から成る複式長歌で,その試みが「貧窮問答歌」(巻5)に結実する次第となる。さらに,「老身に病を重ね年を経て辛苦み児等を思ふに及る歌G07D4(巻5)を典型として,反歌を5首,6首と連ね,主題を多面的に展開してもいる。いずれも,自身の現実的,散文的な作風を承知したうえでの,柿本人麻呂の亜流に堕さないための工夫とみてよい。老病の身を抱えて死にあらがう情を述べ,また,子への愛を歌う作品が異色である。加えて,「貧窮問答歌」では,律令体制下の重圧にあえぐ人々に,寒門出身で門閥的な制度に阻まれたみずからを重ね,現実のすべなさを慨嘆するなど,総じて,知識人としての自負と苦悩を根幹に据え,歌の世界を大幅に広げていった。旅人と共に,個我の文学の原点に立つ意義は大きい。<参考文献>井村哲夫『憶良と虫麻呂』,中西進『山上憶良』,村山出『山上憶良の研究』

(芳賀紀雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

やまのうえのおくら【山上憶良】

660‐733(斉明6‐天平5)
万葉歌人。701年(大宝1)遣唐少録,714年(和銅7)従五位下,716年(霊亀2)伯耆守,721年(養老5)東宮(のちの聖武天皇)の侍講となり,726年(神亀3)ころ筑前守赴任,732年(天平4)帰京して翌年卒したらしい。壮年時には,詩人川島皇子や歌人柿本人麻呂,長意吉麻呂(ながのおきまろ)らとの交友があったかと思われ,のちに東宮や左大臣長屋王家の七夕宴での晴の献詠者となったが,晩年の筑前守時代には風流の大宰帥大伴旅人(たびと)を迎えて,〈筑紫歌壇〉とも称すべき新風の文雅の交わりの中で世間(よのなか)を主題とする秀作を数多く詠んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

やまのうえのおくら【山上憶良】

660~733頃) 奈良前期の官人・歌人。遣唐少録として渡唐。帰国後伯耆守・東宮侍講・筑前守を歴任。筑前守時代に大伴旅人と親交。漢文学の学殖深く、その影響下に人生的・社会的題材の歌を詠んだ。万葉集に多くの歌を残す。家集「類聚歌林」は伝わらない。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の山上憶良の言及

【愛】より

…院政時代の古訓集成とも称すべき《類聚名義抄》に,〈寵〉〈恩〉〈恵〉〈寛〉等々の漢字をアイスという語で読むことが示されている以上,漢文訓読の世界では,相当はやくより〈愛す〉という語が普及していたことを推測させる。
[仏教思想と〈愛〉]
 さかのぼって,《万葉集》巻五,山上憶良〈思子等歌一首〉の前に置かれている〈釈迦如来,金口正説,等思衆生,如羅睺羅。又説,愛無過子,至極大聖,尚有愛子之心,況乎世間蒼生,誰不愛子乎〉という漢文の序も,〈愛は子に過ぎたりといふこと無し。…

【大伴旅人】より

…一方旅人には文人的風雅に遊ぶ傾向があり,大宰府において彼が催した〈梅花の宴〉はその尤(ゆう)なるものであって,管下の官人32名が顔を並べている。そのなかの一人である山上憶良は筑前守であり,憶良との間に保たれた交友も,旅人の作歌活動に大きな影響を及ぼした。なお《懐風藻》にも五言詩1首が収められ,彼の漢詩文の造詣の深さを思わせる。…

【類聚歌林】より

…奈良朝初期の歌書。万葉歌人山上憶良が東宮(のちの聖武天皇)に進講する目的で古今の和歌に制作事情の解説を付し,中国の《芸文類聚(げいもんるいじゆう)》にならって編纂したものか。《万葉集》巻一・二・九の9ヵ所にわたる引用記事によって片鱗がうかがえる。…

※「山上憶良」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

山上憶良の関連キーワード庵諸立伊保麻呂大伴三林大宅女小鯛王久米女王高田女王田口馬長間人大浦日置少老

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山上憶良の関連情報