コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荘宗 そうそうZhuāng zōng

世界大百科事典 第2版の解説

そうそう【荘宗 Zhuāng zōng】

885‐926
中国,五代後の建国者。在位923‐926年。突厥(とつくつ)沙陀部の出身で,朱全忠と覇を争った李克用の長子。姓名は李存勗(りそんきよく),荘宗は廟号。父の後をうけて後と激しく抗争し,河北軍閥を併合して優位に立った。923年(同光1),後梁を滅ぼし,唐の正統的後継者として洛陽に都した。その後,四川をあわせるとともに,河南系,河北系,山西系の三大軍閥の統合に成功して,による統一への素地を作った。しかし,宦官を復活して側近政治を行うなど政治は腐敗し,同族が反乱を起こすなかで殺された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

荘宗
そうそう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

荘宗の関連キーワード馮道(ふうどう)開元天宝遺事明宗[後唐]宗椿(2)李存きょく牧野忠訓朱邪赤心酒井忠績阿部正外大成教マク氏白馬寺孟知祥霍彦威黎朝前蜀後蜀馮道明宗蒙庵

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android