コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李克用 りこくよう Li Ke-yong; Li K`o-yung

5件 の用語解説(李克用の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

李克用
りこくよう
Li Ke-yong; Li K`o-yung

[生]大中10(856).9.22. 神武川新城
[没]天祐5(908).1.4. 晋陽
中国,五代後唐の事実上の始祖。諡は武皇帝。廟号は太祖。後唐第1代の皇帝荘宗の父。軍功によって唐朝から李国昌の姓名を与えられた突厥人の朱邪赤心の第3子。幼時から騎射をよくし李あ児といわれ,また片方の目が悪いため独眼竜ともいわれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

り‐こくよう【李克用】

[856~908]中国、五代後唐(こうとう)の初代皇帝荘宗の父で、事実上の建国者。諡(おくりな)は武皇帝。廟号(びょうごう)は太祖。突厥(とっけつ)沙陀(さだ)族の出身。黄巣の乱で、反乱軍を破った功で河東節度使に任ぜられ、以後朱全忠後梁の太祖)と華北の覇権を争い、陣没。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

りこくよう【李克用 Lǐ Kè yòng】

856‐908
中国で朱全忠と並ぶ唐末群雄の一人。五代後唐の建国者荘宗(李存勗(りそんきよく))の父で,後唐の太祖とよばれる。突厥(とつくつ)沙陀族の出身で,本姓は朱邪(しゆや)氏,父の朱邪赤心が唐朝より李姓を賜った。片目が小さいので独眼竜とあだなされ,かれが指揮する軍隊は黒衣を着用して戦にひじょうに強かったので,鵶軍(あぐん)つまりカラス部隊とよばれて恐れられた。黄巣の乱の平定における最大の功労者として,山西省の太原に治所をおく河東節度使に任じられたが,汴州(べんしゆう)開封に拠る朱全忠との勢力争いに敗れた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

りこくよう【李克用】

856~908) 中国、唐末の武将。突厥とつけつ沙陀さだ部の出身。後唐の建国者李存勗りそんきよく885~926)の父で、太祖と追号された。黄巣の乱を鎮圧、河北を制して朱全忠と激しく争ったが病没。独眼竜の異名をとった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

李克用
りこくよう
(856―908)

中国、唐末の群雄の一人。五代後唐(こうとう)の建国者李存勗(りそんきょく)はその長子。廟号(びょうごう)は太祖。突厥沙陀(とっけつさだ)族の出身で本姓は朱邪(しゅや)氏であったが、父の朱邪赤心が戦功によって唐朝から李国昌(こくしょう)の姓名を賜り、振武節度使(治所は山西省朔(さく)県)となった。北辺の武将に成長した李克用は、勇猛にして片方の目が小さかったため独眼竜と称され、また彼の率いる精鋭軍は黒衣を着ていたので(あ)軍(はカラス)とよばれて恐れられた。黄巣(こうそう)反乱軍が首都長安を占拠すると、唐朝の招請に応じて黄巣軍を連破し、長安回復の功績第一をもって、883年河東節度使(治所は山西省太原)を授けられ、のちには晋(しん)王の爵位も受け、大勢力をもつに至った。しかし群雄割拠のおり、とくに宣武節度使朱全忠とは宿敵の間柄となり、20余年にわたって激しく抗争したが、晩年には朱全忠軍に一時太原(たいげん)が包囲されるなど、まったくの劣勢に追い込まれるなかで、後事を李存勗に託して病没した。[高橋継男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の李克用の言及

【五代十国】より

…唐を滅ぼし五代最初の後梁朝をたてた朱全忠は,黄巣軍の中心的部将であり,唐側に投降してその恩賞として節度使に任ぜられた。五代第2の後唐の事実上の建国者李克用も,異民族部隊の長として黄巣の乱平定に活躍し,その功で節度使に任ぜられたものである。唐を実質的滅亡に追いこんだ黄巣の乱とその後の争乱のなかから身を起こした群盗,流賊,軍賊,土豪,そして異民族出身者など,まったく新しい階層の出身者が五代十国の各政権の担い手となる。…

【唐】より

…923‐936年。突厥(とつくつ)沙陀部出身で唐朝から李姓を賜った家系の李克用は,黄巣の乱平定に大功があり,河東節度使,晋王となった。彼は朱全忠(後太祖)と激しく覇を争ったが,その子李存勗(りそんきよく)(荘宗)はついに後梁を滅ぼし,洛陽を都として後唐を樹立した。…

※「李克用」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

李克用の関連キーワード韓林児後梁朱全忠徐寿輝張士誠陳友諒明玉珍劉福通荆南荘宗

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone