コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荷用/加用 カヨウ

デジタル大辞泉の解説

か‐よう【荷用/加用】

食事の際に配膳(はいぜん)・給仕をすること。
「正月一日―しけるに」〈沙石集・二〉
室町時代の幕府および諸大名家の職名配膳給仕などの役。
[補説]「通う」を漢語めかした語か。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

荷用/加用の関連キーワードエレベーター恩納[村]水力発電アカガイ集運材法五大力船室町時代真渡瓜ウナギ晩白柚リッセ知念港湾蹄鉄

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android