コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荷重軟化 かじゅうなんかload bearing softening

世界大百科事典 第2版の解説

かじゅうなんか【荷重軟化 load bearing softening】

耐火物が加圧下で熱せられるときに軟化変形する現象で,耐火物の重要な性質の一つである。耐火度は自重のみがかかった状態での軟化温度を示すものであるが,実際に耐火物が使用される窯炉においては,荷重がかけられた状態にある。荷重下での軟化変形は,耐火物の種類・性質などによって大きく変化するので,その性質を知るために,ふつう2kgf/cm2の荷重をかけて加熱し,軟化変形の状態を試験する。この荷重軟化試験をすると図のような曲線が得られる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android